技術テーマ

環境共生型アグリソーラーシステム+Agri4.0 プラットフォーム開発

想定する反射板の導入効果

遮光率を上げても日射ムラを緩和できるとともに、AM前半、PM後半の低仰角の太陽光を、作物のほぼ真上から照射できるため、従来は斜め光のため遮蔽されていた葉面への照射効率が向上する。陽性作物の収率ダウンも抑制できる可能性。(反射板東西向きの例)

  • 栽培作物の自由度があがることで、連作障害対策につながる可能性
  • –高度の低い太陽光は赤色が多くなり、葉面上方からR/B比が高めの光があたることで、硝酸イオン濃度が下がることが期待できる。また、赤色比率が上がることで防虫効果が期待できる。

日差しの厳しい日中は、反射板で積極的に遮蔽して葉焼け防止対策にすることができる。葉面への一日のトータル日照を担保するため、朝日、夕日を真上から照射するが、凸面反射板で希釈して照射することで作物のみずみずしさを保ちながら、成長させる効果が期待できる。

反射板により防鳥・防虫効果が期待できる。鳥や獣を検知した時には、細かく反射板を揺動させて威嚇できる可能性。

夜間は、反射板を水平にすることで、冬季の放射冷却、霜を防止できる可能性。また太陽電池モジュールの比率が大きいため、低温時は逆バイアスをかけて発熱させ(融雪モード)、空気を温める効果も期待できる。

(参考文献)

⾚⾊LEDによるアザミウマ類 防除マニュアル
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/files/redled_azamiumabojyo_manual.pdf

黄色LED光源を用いた物理的害虫防除装置の試作
https://www.jstage.jst.go.jp/article/shita/19/1/19_1_34/_article/-char/ja/
http://jppa.or.jp/archive/pdf/53_06_05.pdf

紫外光(UV-B)照射を基幹とした施設イチゴ病害虫の新防除体系
https://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/pamphlet/tech-pamph/130266.html


ページ上部へ戻る